砂糖は甘くてあまくない

今年は珍しくドキュメンタリー映画を観てますねー。

◎ジェンダーマリアージュ(いろいろ考えます)
◎バンクシーダズニューヨーク(すげー奴がいるもんだ)

そしてこないだ観た、
あまくない砂糖の話(↓予告動画)

 

1日にスプーン40杯分の砂糖を60日間摂取し続けるとどうなるか?

 

それまでは彼女の影響で健康的な食事を続けていた監督自らが実験体となり、

知ってるようで知らない砂糖の危険性を伝えるドキュメンタリー映画です。

ユーモア溢れた演出で楽しく観られますよ。

子どもでも楽しく観られるように意図的に作ったんじゃないかな〜。

 

映画の最後、インド映画でよくあるエンディングダンスのような「That Sugar Song」は本気でふざけてて見ものです。

どっかで聴いた感じなのに完成度高すぎ。大好きです。

 

いや〜、現代人は砂糖の摂り過ぎってことを聞いたことありますけど、具体的にわかるとちょっと怖いです。

僕は朝グラノーラを食べていたりするんですが、グラノーラ1食50gにヨーグルトかけただけで砂糖ティースプーン7杯分くらい摂ってるらしいです。

WHOの健康のための1日の砂糖摂取量は6〜7杯らしいので、昼食ったらアウト…。

ただこれはオーストラリアの映画。完全に日本人の食生活に当てはまりはしないと思いますが、知ることが大事。

甘いものってハマって毎日習慣になることが人生で何度となくありましたが、そんな体験も納得します。

 

ぜひ、観といて損しない映画。

(↓海外版予告)

 

そして、次のドキュメンタリー映画はこれです!

カルテルランド(↓予告動画)

アカデミー賞ノミネートです。

こわいけど楽しみだす。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。